Sergio_foto_edited.png

A company founded on scientific research.

真面目に日々の健康を考えたダブルアプローチのイタリアンフード。Dr.セルジオ カネッロの健康法

《Forza 10 フォルツァ ディエチ》のドッグフードは、イタリアのセルジオ獣医師が開発したフード。1976年イタリアのパドバで開業し治療に携わってきましたが、その診療内容の多くが、皮膚炎、耳の炎症、慢性的な下痢などアレルギー症状に苦しむ犬たちでした。
そこで、セルジオ医師は仲間の獣医師達とチームを組み5年間で500例以上のアレルギーに対する臨床データをとり続けました。
そこで発見したことは「化学物質・化学薬品が原因で、しかも集約的な牧畜により生産された肉に残留する極微量の化学物質でさえも原因となりうる」 ことでした。なぜ、そのことが問題なのか?

細胞は栄養素で作られています。わかりやすく言うと、 細胞を作る建材として利用されているのは 脂肪やタンパク質、 細胞の中の色々な仕事をコントロールしているのも栄養素 のビタミン、ミネラルが活躍しています。 そして、細胞の活動を支えるエネル ギー源になるのもまた栄養素で、代表的なのはブドウ糖です。
細胞の全ての生命活動はタンパク質、炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラルなど、 個々の栄養素のチームプレイで支えられています。
ですから、建材に不純物が混じっていればコントロールしている栄養素に混乱が生じ てしまいます。
このことが、アレルギー症状を誘発しているのではと考えたのです。
ではどうしたのか? まず、栄養療法では次のことを重視します。

1.何がアレルゲンになっているか
2.タンパク質がうまく消化されているか
3.腸の壁の透過性(漏れやすさ)は大丈夫か
4.白血球が過敏に反応しやすくなっていないか

 

 

gluten-free-1.png
food-intolerance-forza10.jpg

You don’t have to travel to the ends of the earthto find the cleanest ingredients for your dog.We made it for you.

これに沿って、まずは出来る限り有機飼育・素材の食事を、決められたバランスで病気の犬や猫に与え続けました。その結果、症状が緩和されたとい うデータを多く集めることが出来ました。ただ、ここで単純に全ての原材料が有機でなくてはならないという事実は、飼い主にとって負担になり過ぎます。 さらにもう一歩進んで、一番影響を及ぼしているのは何か?を突き止め、動物性タンパク源に残留する化学物質という答えを導き出しました。ほかにも、腸壁が漏れやすくなる原因は何か?不足しやすくなる栄養素は何か?など、 タンパク源を中心に栄養素の最適なバランスを考え、深く研究開発を進め、 そして生まれたのが『FORZA10(フォルツァ ディエチ)』。 現在は、獣医学と動物栄養学を組み合わせ、漢方原料や植物療法原理にも注目したイタリア獣医師会認定の食事療法食を豊富にラインナップ中。さらに、健康維持食としてもBIOなど様々な種類をラインナップしているブランドです。 臨床データと安心素材がちょうどよい加減で融合したフードになりました。

drop-1.png

” technology (AFS) protects the effectiveness of the delicate natural principles because it doesn’t use heat

CUBO_afs-600x600.jpg

AFS Patent  (Active Fresh System)

​世界特許のAFS粒

療法食(アクティブライン)に入っているAFS粒は、ハートの形をしています。主にメディカルハーブや漢方、ビタミンなど熱に弱いとされる食材の有効成分が損なわれないよう、常温で特殊な圧縮を掛けて製造した粒です。療法食(アクティブライン)は、その粒を約7%程度の割合で混合しています。
種類によって入っているハーブや植物、フルーツなどレシピが違いますので色も若干違ったりします。

ScreenShot-VideoID-gM2lmnQSBto-TimeS-59_

FORZA10
〜 イタリアの獣医師チームがおすすめするナチュラル食事療法食 〜