FORZA10

〜 イタリアの獣医師チームがおすすめするナチュラル食事療法食 〜

フォルツァ10(フォルツァディエチ)について

《Forza 10 フォルツァ ディエチ》のドッグフードは、イタリアのセルジオ獣医師が開発したフード。1976年イタリアのパドバで開業し治療に携わってきましたが、その診療内容の多くが、皮膚炎、耳の炎症、慢性的な下痢などアレルギー症状に苦しむ犬たちでした。
そこで、セルジオ医師は仲間の獣医師達とチームを組み5年間で500例以上のアレルギーに対する臨床データをとり続けました。
臨床データを徹底的に集め「動物性タンパク源=魚、高麗人参とパイナップル」を配合したものを開発したのが「FORZA10」のはじまりです。 
現在は、獣医学と動物栄養学を組み合わせ、漢方原料や植物療法原理にも注目したイタリア獣医師会認定の食事療法食を豊富にラインナップ中。さらに、健康維持食としてもBIOなど様々な種類をラインナップしているブランドです。


 

​世界特許のAFS粒

療法食(アクティブライン)に入っているAFS粒は、ハートの形をしています。主にメディカルハーブや漢方、ビタミンなど熱に弱いとされる食材の有効成分が損なわれないよう、常温で特殊な圧縮を掛けて製造した粒です。療法食(アクティブライン)は、その粒を約7%程度の割合で混合しています。
種類によって入っているハーブや植物、フルーツなどレシピが違いますので色も若干違ったりします。


 

follow US