• SJペット通販ーMorgan

イヌのカロリー計算

最終更新: 2019年8月13日



犬は、摂食した栄養素を体内分解するとき生じるエネルギーを利用しています。食物中の糖質、脂質、タンパク質に蓄えられたエネルギーを効率的に取り出しいているのです。


ペットフードの持つエネルギーは、そのエネルギーを完全に燃やして、その時発生する熱量を測定することで求められます。発生した熱(燃焼熱)を、ペットフードの持つ総エネルギーといいます。


しかし、ペットフードの持つ総エネルギーをすべて利用ではなく、消化、吸収された排泄されたフンや尿にはエネルギーがあり、またガス中にも少量ですがエネルギーも含まれます。

なので、ペットフードの持つ「総エネルギー」からフン、尿、ガスを差し引いて残りのエネルギーが実際犬に利用された「代謝エネルギー」です。



さて、犬の1日に必要なカロリーの計算式は?

❶まず体重を調べる。

ex.うちのハリー(犬の名前)は23キロ。中型犬。一日2回ごはんをあげる。


❷ RERを求める(安静時エネルギー要求量 resting energy requirement)

23kgx23kgx23kg√√x70=735Kcal



➌DERを求める

ex.ハリーは12歳の高齢犬ため

DER(735Kcal)=RERx1.4    =1029Kcal


❹あげるフードのカロリーを調べる

ex.336.4Kcal/100g


ここからは比率の計算

100gで336.4kcalのフードを、ハリーは1029Kcalが必要

ハリーが食べるフードの量をXに置き換えて....

100g:336.4kcal = Xg :1029kcal

x=100g×1029/336.4kcal =152g


152g/二回ごはん=76g


つまり、ハリーは一回のフード給与量は76g


おいかがですか。でも、上述の計算式はあくまでお目安です。重要なのはワンちゃんの体の状況にあわせて、食事の内容をアレンジしてあげてね。


#春 #カロリー計算 #犬 #犬のごはん

#ペットフード #犬がいる生活

#犬との暮らし

32回の閲覧