冬の養生~体を温めるワンコ薬膳のススメ。鹿肉とラム肉

最終更新: 4月9日

12月中旬以後一層冬らしくなりました。台湾では、冬の到来に備えて温熱性の食材で作った薬膳を食べて、食補の慣習があります。また「涮羊肉(羊のしゃぶしゃぶ)や北海道のジンギスカンも寒い冬を乗り越えるための絶好の料理として古くから親しまれています。

鹿肉も羊肉も漢方では熱性の性質をもち、体を温めて血液の循環を助ける効能があると考えられています。

赤身のため、ヘモグロビンが多く含まれ、血流の改善に作用し、体の中から温めてくれるのです。(ヘモグロビン:血液の主要成分で、酸素を肺から各組織へ運ぶ働きを持っています。)

さらに、鹿肉にも羊肉にも体内の脂肪をエネルギーに変えて燃焼させる「L-カルニチン」と呼ばれるアミノ酸が含まれています。冬になると運動量が低下し、太りやすくなってしまうワンちゃんたちにうれしい栄養素です。


弊店新規取扱っている【ZiwiPeak Airdry dog treats】ジウィピーク エアドライ ドッグトリーツ ベニソンには、鹿肉(venison)に加えて、関節ケア(グルコサミン・緑イ貝・ボコンドロイチン)を豊富に配合しています。



ほかにも、100%自然放牧で、ニュージーランドの草原で牧草を食べて育った家畜肉を、レバーなどとあわせてバランスよく配合しているラム肉たっぷりの贅沢な缶詰フード【ジウィピーク ドッグ缶】トライプ&ラムがあります。






いずれもシニア犬の体調管理にはもちろん、冬の間は関節や免疫系に嬉しい栄養を摂取したいワンちゃんたちにもオススメのレシピです。

今回ご紹介したように、季節や体質に合ったものを食べてもらうことで、「ウチの子」の健康管理がより堅実になると言えますね。

18回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • line-icon_edited